ホーム > マッサージ > 気管支ぜんそくの症状緩和にきくツボマッサージ

気管支ぜんそくの症状緩和にきくツボマッサージ

今や現代病の一つっていわれる気管支ぜんそく。

ようけの方が深晩から明け方にかけ発作がおき、横になっていられへんほど呼吸がし辛くなり、体を前かがみにして座って呼吸をしのぐこってが多いやねん。

この喘息の原因は様々やけど、ようけは気温の変身、ホコリ、ダニ、食品や花粉にやるアレルギー反応、ほんでストレスや寝不足やらなんやらにやり、気管支にえげつない炎症が起きるってその部位が腫れ気道が狭くなり、ヒューヒューっていった呼吸音がすんねんやねん。

ほんで、こないなこってが長期にせんど起こってなおすって、狭くなってん気道が元に戻らなくなり慢性化するわ。そないやるって、やり発作が起きやすくなり最悪の場合、呼吸困難から窒息死をよぶこってがあるんや。

対処ってして、普段から炎症が起こらんやうに食事や生活を見直し、発作を起こさせへんやうにやるこってが治療の一つってされていますわ。

個人にやって、症状の強さがちゃうさかい治療方針につおってはお医者はんって相談されるこってを進めまっけど、今回はツボをマッサージやるこってでぇ、喘息の発作にやる症状を緩和させるツボをご紹介するわ。

まずは「巨闕(こけつ)」。この「巨闕(こけつ)」は胸骨の下、ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は「みぞおち」の位置にやるツボでぇ、アレルギーにやる体質改善のサポートをしてくれます。

次に「中府(ちゅうふ)」やけど、この「中府(ちゅうふ)」は鎖骨の外かての下にやるくぼみから指1本分下に下がった位置にやるツボでぇ、このツボのマッサージを施すこってでぇ、副交感神経の働きを整え、呼吸器に作用やる為、呼吸を楽にしてくれるちうワケや。

しまいに「大椎(やいつい)」って「治喘(ちぜん)」ってやばれとるツボをマッサージしてみまひょ。まず「大椎(やいつい)」は、上半身後ろの首を前に曲げた際、首の後ろに大きく飛び出た骨の下に位置やるツボでぇ、「治喘(ちぜん)」っては「大椎(やいつい)」のツボの両横に位置するわ。この二つのツボはマッサージしたり、ドライヤーやらなんやらの温風をやてたりやるこってにやって喘息の発作から出るしんどい症状を緩和してくれるちうワケや。

これらの「大椎(やいつい)」って「地喘(ちぜん)」のツボ、ご自身せやけどマッサージでぇきまっけど、発作が起きよったってきの為にごうち族や友人に事前に伝えておくのもええでっしゃろな。

東京にあるマッサージ店の感想


タグ :