ホーム > 現金化 > 消費者金融とカード現金化の違い

消費者金融とカード現金化の違い

今すぐお金をなんとかしたい場合に、思いつくのが消費者金融やキャッシングです。消費者金融でお金を借りる場合には、申し込んでから審査が必要になるのはご存知の通り。この審査によってはお金が借りれないことだって十分にありえます。というのも、総量規制によってお金をかりられる限度が決まっていますし、何社からも借り入れがある場合や滞納などがある場合にはもちろん審査に通る可能性は低くなります。急にいお金が必要になった時に申し込んで審査を待って、挙句に審査に通らなかった場合の時間のロスは計り知れません。 

 

そこでクレジットカードの現金化となるわけですが、消費者金融との違いは審査がないということでしょう。クレジットカードを持っているということはその時点である程度の審査に通っているということ。なのでカードがあればショッピングできるということになります。クレジットカードで品物を購入して、それを転売したりすることで現金を得るというものなので、審査も必要なければ時間もかかりません。

 

現金が必要となればすぐに実行できるのがクレジットカードの現金化のメリットです。ただ、換金率によっては支払いが増えてしまうこともありますし注意は必要。消費者金融に申し込むのも時間がなく、借金の履歴や審査で不安があるという人にとっては最後の手段とも言えるのがカードの現金化です。どうにもならなくなった時には利用してみるのもいいかもしれませんね。

クレジットカード現金化の豆知識


タグ :